AGEs: 体内に潜む「AGEモンスター」の正体

健康

AGEsは、私たちの体内にじわじわと蓄積し、老化や病気のリスクを高めるいわば「AGEモンスター」。

その正体を探り、上手にかわしていくためのヒントをご紹介します。

AGEsとは?

  • AGEsは
    • Advanced Glycation End Products
    • (アドバンスト・グリケーション・エンド・プロダクツ)の略
  • 日本語では「終末糖化産物」や「後期糖化生成物」

糖とタンパク質、脂質が結びついてできる物質で、体内の様々な反応によってゆっくりと生成されていきます。

身近な例でいうと、こんがりと焼けたトーストの表面の茶色い部分や、長時間煮込んだ料理の色が変わっている部分にAGEsが多く含まれています。

AGEsとは?

  • 糖とタンパク質、脂質が結びついてできる物質
    • 体内の様々な反応によってゆっくりと生成されていく
    • AGEsが多く含まれている身近な例
      • こんがりと焼けたトーストの表面の茶色い部分
      • 長時間煮込んだ料理の色が変わっている部分

AGEsの恐るべき影響

AGEs自体は悪いものではありませんが、体内に蓄積されると、その恐るべき影響が現れ始めます。

まるでモンスターのように暴れ回り(ませんが…)、次のような悪さを引き起こす可能性があります。

  • 老化の促進
    • シワやたるみ
    • 関節の硬さなど
    • 見た目年齢だけでなく体の機能低下も招く
  • 慢性炎症
    • 体内の炎症を起こしやすくし
      • 動脈硬化や糖尿病などの慢性疾患のリスクを高めます。
  • 認知症
    • アルツハイマー病などの発症リスクを高める可能性が懸念されている

AGEsはどこに潜んでいる?

AGEsは主に以下の食品に潜んでいます。

  • 加工食品: ソーセージ、ハム、ベーコンなどの加工肉、スナック菓子、レトルト食品など
  • 揚げ物や焼き物: フライドチキン、フライドポテト、トースト、クッキーなど
  • 甘い飲み物: コーラ、ジュース、スポーツドリンクなど

調理過程で熱を加えたり、長い時間をかけて加工されると、AGEsの量が増えてしまいます。

AGEモンスター撃退法!

AGEsと完全に縁を切ることは難しいですが、上手にかわすためのヒントがあります。

  • 食事で気を付けること:
    • 加工食品を減らす
    • 揚げ物や焼き物を控える
    • 調理温度を低くする
    • 抗酸化物質を多く摂る (ビタミンC、ビタミンE、カロテノイドなど)
  • 生活習慣も大切:
    • 適度な運動
    • 質の良い睡眠
    • ストレスマネジメント

これらの心がけで、AGEモンスターの撃退を目指しましょう!

まとめ

AGEsは、私たちの健康にとって無視できない存在です。正しい知識を持って、上手にかわし、若々しく健康な生活をキープしましょう!

さらに詳しく知りたい方は…

  • 医師や栄養士に相談
  • 信頼できる健康情報サイトや書籍
  • 日本抗加齢医学会 (JSAM) のような専門機関のサイト

AGEモンスターに打ち勝って、いつまでも健康でアクティブな人生を楽しみましょう!


AGEデータブック 数字でわかる老けない食事

コメント

タイトルとURLをコピーしました