Swift

プログラミング言語Swift について説明します。

Swift とは?

Swift(スウィフト)は、Appleが開発したオープンソースのプログラミング言語で、2014年に発表されました。iOSやMac OS Xのアプリケーション開発に広く使われています。

Swiftは、Objective-Cと比べて簡潔で扱いやすい文法を持っており、コードの可読性や保守性が高いことが特徴です。

導入方法

Swiftのインストールには、Xcodeが必要です。

Xcodeは、Mac App Storeから無料でダウンロードできます。

Xcodeをインストールしたら、以下の手順でSwiftをインストールできます。

  1. Xcodeを起動し、メニューの「Xcode」→「Preferences」を選択
  2. 「Components」タブをクリック
  3. 「Command Line Tools」の欄に表示されているバージョンが最新であることを確認
  4. ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行
$ swift

Swift REPL(Read-Eval-Print Loop)が起動すれば、Swiftが正しくインストールされていることになります。

使い方

以下は、Swiftでの「Hello, World!」を出力するサンプルコードです。

print("Hello, World!")

このコードを新しいファイルに保存し、ターミナルで以下のコマンドを実行すると、コンソールに「Hello, World!」と表示されます。

$ swiftc -o hello hello.swift
$ ./hello

Swiftは、Objective-Cと同様に、Cocoa Touchフレームワークを使用してiOSアプリを開発することができます。以下は、UIKitフレームワークを使用して、画面に「Hello, World!」と表示するiOSアプリのサンプルコードです。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
        let label = UILabel(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: 200, height: 50))
        label.center = CGPoint(x: 160, y: 284)
        label.textAlignment = .center
        label.text = "Hello, World!"
        self.view.addSubview(label)
    }
}

このコードをXcodeの新しいプロジェクトに追加し、実行すると、iOSシミュレーターが起動して、画面に「Hello, World!」と表示されます。

タイトルとURLをコピーしました