ライティング・スキル向上のためにWordPressでブログを始めよう|まずは書きまくることが大切

WEBライティング
New Beginning - Man Looking to the Future

ライティングのスキルUPにブログがおすすめ

みずき
みずき

副業でライティングを始めたいんだけど

うまく書けないから

ライティングのスキルを上げたいんだ~

よなを
よなを

アクティブラーニングって知ってる?

Outputを意識すると学習定着率が上がるから

ライティングなら、ブログを書くといいよ。

みずき
みずき

あ、ブログ面白そう!!

やってみたい

文章が苦手でも、あきらめる必要なし!

ライティングを練習する場合、誰にも見せる予定のない文章を書こうとしても、本気で書けないし、継続できません。

その点ブログだと、人に見られることを意識するし、PV(ページビュー)などの数字によって評価が見えるので、モチベーションがあがります。

書いて書いて書きまくることで、文章を書くこと、特に、長文を書くことに慣れ、抵抗感がなくなってきます。

苦手意識は経験値不足から

「苦手意識がある」というのは、経験値が足りていなからです。

だから簡単な話、苦手意識を克服するには、経験を積めばいいのです。

収益化を目指してブログを始めると、10記事、20記事と書いていかないといけないという意識が生まれ、1記事平均2000文字程度でも、10記事で2万文字、20記事で4万文字を書くことになります。

ある程度の記事数を書いた後、過去の記事を見直してみると、色々とダメな点が見えてきます。

そこで考えながらリライトしていくと、ライティングスキルがUPします。

また、SEOや他のライティング技術を学びながら、気付いたことを反映させ、リライトしていきます。

ブログが自分の成長と共に完成へと向かっていくという体験はうれしいものですよ。

ブログがポートフォリオになる

クラウドワークスやランサーズなどで案件に応募する際に、自分のブログがポートフォリオとして使えます。

ライティング初心者を脱却できるチャンスをつかむことができるかもしれません。

また、Twitterで、プロフィール欄にブログのURLを紹介し、「#ブログ初心者」などのハッシュタグをつけて投稿すると、ブロガー同士で交流ができますし、さらに、情報交換を通じてライティングの案件獲得につなげていくことも可能になります。

ただし、Twitterなどで、「#ブログ初心者」を狙って、DMを送り付け、公式LINEのQRコードで取り込もうとする人も多いので、そういう人は無視して大丈夫です。

収益化も考えているなら、サーバー借りてWordPress 一択

レンタルサーバーを借りてWordPressで始めるのがおすすめ

ライティングの練習だけなら無料のブログでもよさそうですが、さらにもう一段、モチベーションを高く保って続けたいなら、有料ですが、レンタルサーバーを借りてWordPressで始めるのがおすすめです。

WordPressはSEOに強いと言われています。もちろん、SEOを意識して記事を書かなければ無意味ですが、同じ記事なら、無料ブログサービスは、WordPressに勝てません。

表示速度の速いサーバーが有利です。
なかなか表示されないサイトだと、誰だって見たく無くなりますから、納得ですね。

残念ながら、すぐに収益は発生しない

  • サーバーのレンタル料をまかなう収入が必要
  • すぐにはアフェリエイトなどで、収益が出るわけではない

種を蒔いてすぐ実を収穫できないのと同じで、ブログを始めてすぐは誰の目にも止まらず、ページが開かれても、最後まで読んでもらえません。

SEO対策をしても、効果が出るのは早くても半年~1年だと言われています。

ページビューが少ないうちは、たまたま収益が発生しても、それがコンスタントに続く可能性は低いでしょう。

気長に耐えつつ、ライティング案件も狙う

収益が発生するまで、長い期間を耐え抜いて、向上し続け、継続できるかどうかが重要

目先の利益ではなく、ブログの成長を楽しむ余裕が必要です。

ある程度、人に見せられるレベルになれば、ポートフォリオとして使って、クラウドワークスなどで、ライティング案件に応募してみましょう。

もし不採用でも、案件に応募した数だけ、採用担当者がブログを見てくれる可能性がある!とポジティブに考えて、採用されるまで、ブログの完成度を高めつつ、応募を続けましょう。


よなを
よなを

じゃあ、モチベーションが上がるように

いい情報をおしえるね。

みずき
みずき

すぐに収入になる方法ね


ブログを始める方に、モチベーションが上がる記事を書いています。気になる方はご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました